消費者金融審査に関する私の基準

消費者金融審査の基準は

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融が提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

諸々の条件で消費者金融の方が銀行カードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

返済額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利息を安くする一番有効な方法なのです。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんな時の強い味方がカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

消費者金融で一番人気のところは

金融機関で高い人気を獲得する要素としては低金利で審査が早いといった理由があげられます。

しかし、消費者金融の場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位を見る限りいずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

消費者金融は銀行に比べたら格段にお金が借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査能力は突出しています。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融業者の大多数は銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない…ということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

最初は躊躇してても、一度カードローンを利用してみると手軽に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため複数のカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。