消費者金融審査が基準ことのメリットとデメリットは?

消費者金融審査は法律によって決まっている

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちで暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたので法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行法とは異なります。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融に申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制はありません。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない…ということがあると思います。

そんな時、カードローンなら簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、どんどん借りる人も多いようです。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため複数のカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようで成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は乱暴な取り立ては法律違反となりますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

消費者金融審査の現在の基準は厳しい

消費者金融のキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど手軽に利用することができます。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

普通、消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1
200万円まで借り入れることが可能です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

消費者金融業者の借入れ条件やデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。