消費者金融の審査が基準件に関する私の体験談

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上を確保し、利益を上げています。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

消費者金融の金利と銀行金利を比較してみると通常は消費者金融の金利の方が高い場合が多いです。

ただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、まんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものと消費者金融のものと2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

そのため、消費者金融の方が銀行よりも不利と言えますが、消費者金融のキャッシングは比較的審査に通りやすいと評判なので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますから一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたので法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては金利が安い、審査が早いなどがあげられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータを上げてみますとどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

カードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットによる申し込みが可能です。

郵送を希望場合は、店舗などで申込書をもらってきてから必要事項を記入したら、返送し審査結果を待つだけです。

無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

ちなみに、ネット経由の申し込みではローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法なので総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

その当時は、現在のように法整備が整っていなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これこそまさに過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが払い戻しには請求期限があります。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

消費者金融のキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですから借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

ですから、カードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

そのため、消費者金融のキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

消費者金融業者の借入れ条件やデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。