消費者金融の審査に落ちるってどんなとき?

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちで暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

消費者金融のキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなのでローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

ですから、カードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

お金を借りることができる金融機関には一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で利益を獲得しています。

銀行と消費者金融の金利を比較すると消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

あながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

参考:消費者金融借り入れで審査に落ちた?住宅ローン審査!【絶対にNG?】

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

消費者金融と銀行の異なる点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

これに対して、カードローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。