フラット35は審査が違うの?

マイホームの夢を実現させたい!と願ったとき銀行などから申請できるマイホーム購入時の融資がとても頼りになります。
とはいえ、金融機関はたくさんあるのでどこの商品がよいのか迷ってしまう方も多くいらっしゃると思います。
選び方を挙げるとすると、行きやすい金融機関でも良いですし不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども受付可能です。
だけども、どの場合でも審査があり申し込めば通過するという甘いものではありませんから・・・。
マイホームの資金繰りの役立つのはフラット35みたいな住宅ローンです。
申し込みは銀行や信用金庫で行っています。
申し込みの時には、銀行側から言われた資料を用意します。
35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行側も年収や勤続年数にこだわって審査をします。
なので、申込をすれば確実に通る。
というものではありませんから・・・。
不合格になってしまう人もたくさんです。
基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が最低ラインと言われています。
住宅ローンを返している途中にもし、失業するような事があればその後の返済はどのようにしていけば良いのでしょうか。
万が一の時に備えてここで勉強しておきましょう。
第一にやるべき事は、自分の今の状況把握です。
会社側の都合で辞めることになったのか、それとも自分なのか?内容により給付金の額が大きく変わってくるためです。
きちんと手当てが支給されれば、1年間は保証されますので改めて職場を探しながら、返済をしていけると良いですね。
注意すべきは一度の延滞でも強制的に破綻させれる事もあるので、支払いを最優先にしながら他の事を進めましょう。